閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Ymobile506hwは料金を抑えるのにお得?WiMAX2+とシミュレーション

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

ポケットWiFiに興味を持っている人もいることでしょう。ポケットWiFiは自宅はもちろん出先でもインターネットを利用できる便利アイテムです。通信コスト節約でも役立つアイテムとなっています。

通信費はけっこうバカになりません。毎月かかるものですし、かと言ってインターネットなしの生活なんてできないといった人も多いことでしょう。スマホに自宅インターネットにとインターネットの通信費はかなりの負担となります。

1人暮らしの人はそれこそ自宅兼出先でのインターネット利用にポケットWiFiの利用がおすすめです。ポケットWiFiの利用ですが上手に利用すれば携帯電話の通信費も大幅に削減できます。

ポケットWiFiは利用できるエリアが限られているのでまずはエリア確認をしましょう。自分の行動範囲がエリア内か外かでも違ってきます。エリア内であれば自宅と出先で活用してみましょう。

またポケットWiFi利用の場合、無制限での契約がおすすめです。それ以外だと契約する価値がぐんと下がります。インターネットの容量は想像よりも必要なことも多いのでこの機会にぜひ利用を検討してみてください。

ここでは人気の高いポケットWiFi 「Ymobile506hw」と「WiMAX2+」について紹介したいと思います。

Ymobile506hw・WiMAX2+の最新機種の料金と通信速度を比較

 

ポケットWiFiを提供している会社はいくつかあります。大手携帯キャリアのドコモやau、ソフトバンクそしてヤフーモバイル、UQなどです。大体この5社からポケットWiFiを選択する人が多いようです。

ドコモやauなども悪くありませんがこの5社の中で特に人気なのがUQとヤフーとなっています。この2社が人気の理由ですがコストパフォーマンスの良さが秘訣となっています。

auやソフトバンク、ドコモを利用している人は自分が利用しているキャリアのものを使った方がメリットがあるのでは?と思う人もいることでしょう。携帯電話とあわせてポケットWiFiを利用すればさらに割引になることもありお得ではありますが、結果的にUQやヤフーで契約した方がメリットがあります。そこでここではYmobile506hwとWiMAX2+について比較し紹介したいと思います。

まずはYmobile506hwです。こちらは薄くて軽いのが特徴です。以前のモデルよりも見た目もスマートでまずはその点に目が行くことでしょう。形はもちろんですが機能性も改善されています。

機能についてですが低速化の状態を画面で確かめることができるんです。以前のモデルではそうした機能はありませんでした。ユーザーからも低速化の機能はほしいといった要望が多かった内容です。

WiMAX2ですがWiMAXと比較すると実測速度は10倍以上と大変早くなっています。早い速度を求める人にはWiMAX2がピッタリです。

UQのユーザーは無制限プランが利用できます。無制限プランを利用している人も規定が設定されており3日間で10Gというルールがあります。この点は注意が必要です。2年契約プランもあります。こちらもおすすめです。

ヤフーもUQも無制限プランは4380円と横並びになっています。料金面ではどちらも一緒ですが違う点と言えばセット割とプロバイダ割です。

例えばGMOとくとくBBのプロバイダは大変お得だと評判です。UQなどとコスト比較したときに2年間総額が3万円近く異なります。このように総額でみると結果も違うのでそちらも確認しましょう。

UQとヤフーでは最大速度が若干異なります。UQは558Mなのに対しヤフーは612Mです。これらの比較からも両社はそんなに差がありません。自分の興味がある方を選ぶと良いかと思います。

WiMAX2+とスマホの2台持ち、YmobileのスマホプランLを2年間の総額で比較

 

ポケットWiFiとスマホの両方を持つユーザーも増えています。スマホもポケットWiFiがあれば容量を気にせずインターネットが利用できとても便利です。ポケットWiFiは自宅でも利用できるので自宅で固定回線を引かなくても済みます。

このように通信費の節約のためスマホとポケットWiFiを上手に使うユーザーが増えつつあります。特に最近はポケットWiFiの性能がぐんと上がっており、その点からも注目されています。通信コストは毎月かかるものですしできればダウンしたいといった人は多いことでしょう。

WiMAX2+とスマホを持った場合、月額どのくらいかかるか?そちらも知りたいところです。まずWiMAX2+で無制限プランを利用したとします。極端な例だと携帯はガラケーにしてポケットWiFiのみを利用すればいいわけです。

WiMAX2+とスマホの場合、UQモバイルもおすすめです。UQ Flatツープラスギガ放題4,380円というプランがあります。また携帯はぴったりプラン1,980円です。この2つの利用となると6360円となります。2年間だと152640円です。

YmobileのスマホプランLは月額5980円です。インターネット利用は14Gとなっています。こちらはWiMAX2+とスマホより料金が安いのですがネットの部分がちょっと気になります。料金ですが2年間だと4980円のプランが使えるので119520円となります。

ポケットWiFiを使うどうか?でもコストは変わってきます。インターネットをどのくらい使うか?が1つのポイントとなりますし、自宅では光回線など固定回線を引くかどうか?でも通信料金は異なってきます。

通信コストですが毎月で比較すると1000円や2000円とそこまで差が大きくありませんが、年間で計算するとかなりコストは異なってきます。このような状態から自分のインターネット使用量を把握してじっくり検討するのが良いでしょう。

気になるWiFiたち

インターネットでぜひ利用したいのがWiFiです。有線LANは速度も速くインターネット接続でも良いアイテムですがスマホやタブレットなどで利用できるWiFiはとても便利なアイテムです。

WiFiの利用は自宅や外出先などさまざまなスポットで利用できます。自宅で光回線を引いている家庭ではWiFiルーターを設定して家族みんなで利用できるよう共有することも可能です。

外出先ですがポケットWiFiを利用してインターネットをしたり、公衆WiFiを利用するのも良いでしょう。公衆WiFiですがカフェなどでも提供しており少しずつ拡大しつつあります。

公衆WiFiについては利用できるスポットが限られていることが多く、カフェなどの場合はカフェのIDとパスワードが必要となります。そうなるとカフェを利用したりなんらかの関わりがないと利用は難しいです。いつでもどこでも利用したいならポケットWiFiが一押しです。

HWワイモバイルWiFiルーターなどもよく見かけるようになりました。ヤフーなどでもHWが利用されています。HWは中国メーカーですが性能も良く、アジア各国を中心に展開しているメーカーです。

PocketWiFiプランでは日本メーカー以外のポケットWiFiを利用しているところも増えています。海外メーカーを利用することでコストを削減できるのもポイントの1つです。

SIMフリーモバイルWiFiなども人気です。海外ではSIMの規格が普通となっています。日本ではまだ新しいものといったイメージですが海外でもSIMカードがあれば利用できるので優れものと言えるでしょう。

SIMについてはSIMロックという言葉を耳にしたことがあるかと思います。日本の携帯電話はSIMロックがかかっていることが多くSIMロック解除が必要なものも多いです。SIMカードを利用したいならSIM対応にする必要があります。

スマートフォンですがソフトバンクでもデータ利用ができます。データ通信についてもプランを見てみるといいでしょう。結果的に通信量が多いユーザーはポケットWiFiの無制限がお得かもしれません。

バッテリーも大事な問題です。予備も常時したいところです。色もブラックや白などさまざまとなっています。プランの比較と一緒に検討してみてはどうでしょうか。

ポケットWiFiですがモバイルも含めていくつかの機種があります。モバイルネットワークなども含めて検討してみるといいでしょう。ワイモバイルはワイモバイルショップで詳細を聞くこともできます。ワイモバイルならではの特徴も抑えたいところです。

ワイモバイル機種ですが商品により価格も異なります。格安SIMとあわせて利用すると利用料金もさらに安くなります。機種については契約のときに確認となります。旧機種を選択すると価格も安くなる可能性が高いです。

ポケットWiFiについてもいくつか提供している会社があります。どこの会社のものがいいか、口コミ評判をみて検討するといいでしょう。

ポケットWiFiについては高速データ通信とはいいがたい部分もあります。速度がADSLより遅い状態です。しかしながら動画視聴などもできますし、意外と臨機応変に利用できます。

ポケットWiFiも上手に利用できるよう最大の活用方法を考えてみるといいでしょう。中にはオークションなどで購入する人もいるかと思います。出品者から書込番号や商品情報、IDやパスワードの設定等、すぐに利用できるような情報をきちんと得られるか確認しましょう。端末価格も大事ですが上記も大事です。

ポケットWiFiも夜は速度が落ちがちです。速度制限がかかっている場合もあります。プランにもよりますし、利用会社にもよります。端末によっては端末の影響で若干速度が遅いことも当然あります。

通信については通信サービス会社によって通信速度や通信量などもまちまちとなっています。口コミなどで比較して検討するのが良いでしょう。

無線LANについては電波状況も異なります。無線LANの状況が悪い場合、ルーターが原因であることもあります。ルーターについても確認してみることをおすすめします。

ポケットWiFiですが名刺サイズで持ち運びも手ごろです。手ごろに利用できるアイテムとしてさらに期待できます。料金についても安くなりつつあり4千円未満で使い放題の料金プランもあります。

今後さらに持ち運び可能なポケットWiFiは普及していくことが予想されます。固定のインターネット回線の代用となる日も近いかもしれません。通信コストは毎月かかるものですしこの機会に利用を検討してみるのも良いでしょう。

総括

Ymobile506hwとWiMAX2+ですがどちらも同じようなイメージで利用できます。速度についてはヤフーの方が早いですし、ポケットWiFiだけで見るならUQの方がおすすめです。どちらもそんなに大差はないのでまずは興味があるものを利用してみてはどうでしょうか。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX