閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Yモバイルの通信エリアを検索!通信範囲の確認方法や速度について解説

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

Yモバイルとはどのようなものなのでしょうか?Yモバイル通信エリアやYモバイルの通信速度などについても調べてみました。現在Yモバイルを利用している人はもちろん、現在ソフトバンクのスマホなどを利用している人の参考になるでしょう。

通信エリアの基礎知識

そもそも通信エリアとはどのようなものなのでしょうか?各携帯会社などでは、通信エリア確認を行うことが出来ます。ソフトバンク、ドコモ、auなどではサービスエリアマップなどを公式サイトで確認することが出来ます。サービスエリアマップは地図などで地域を選択してその地域の通信状況などを確認することが出来ます。

それぞれの3G対応エリア、4G対応エリア、LTEエリアなどを確認することが出来ます。それぞれのキャリアによって対応エリアが異なります。エリア外だとつながらないということがあります。

電波状況の改善状況を確認することが出来る、また、地域によっては電波状況の改善を要望するなどという事も出来ます。とくに田舎の方だとつながらない、通信環境のあまりよくない場所などがあるという場合もあるでしょう。

スマホなどを購入する際にはこのようなサービスマップを確認してから購入するというのもよいでしょう。

Yモバイルの通信エリアと通信速度

Yモバイルの通信エリアとはどのようなものなのでしょうか?Yモバイル通信エリア確認は公式サイトから行うことが出来ます。エリアマップを確認したい機種を選択すると対応エリアが表示されます。

ワイモバイル公式サイトでは、スマートフォンだけでなく様々な端末の通信エリアも確認することが出来ます。iPhone、スマートフォン、タブレット端末、携帯、ポケットWiFiなどの通信サービスの対応エリアが確認できます。

現在利用している回線、LTEサービスなどの通信エリアの確認は公式サイトで確認しましょう。

通信エリアの確認方法

Yモバイルの場合の通信エリアの確認方法は公式サイトで行うことが出来ます。製品、つまり自分が確認したい機種を選択します。iPhone6sであればそちらを選択すると、iPhone6sの対応エリアが表示されます。誰でも簡単に検索することが出来ます。

Yモバイルの通信エリアについては、4Gエリア拡大でより速度が速くて、快適な通信環境を提供していると言われています最新技術、最新通信方式にも対応していて、5Gで使われるMassive MIMOや4×4 MIMO、256QAMにも対応しています。

また、Yモバイルを契約する際には、通信エリアの確認はもちろんですが、周波数帯、バンドを確認する必要がありますので、注意が必要です。

口コミから見る評判

Yモバイルを利用している人の口コミとはどのようなものなのでしょうか?その評判について調べてみました。Yモバイルは、ソフトバンクの回線を利用しているということでよく知られています。格安SIMを利用している人は最近では増えてきていますが、実際のところどうなのでしょうか?

まず良い口コミとして多いのが、通信速度に関するものです。格安SIMと聞くと最大通信速度がかなり遅いけど、料金が安いというイメージがありますが、Yモバイルの回線はソフトバンクの回線を利用しているので、
ソフトバンクの回線を利用しているのとあまり変わらないと評価する声が多いです。

口コミでは回線速度に満足しているという声がかなり多かったです。

また、次に多かったのは料金に関するものです。今まで大手のキャリア、ドコモやソフトバンク、auなどを利用していた人からは
月々の料金が安くなったので料金面でとても満足しているという声が多く聞かれています。
とくに、Yモバイルの場合には、やはりソフトバンクの回線を利用しているので、ソフトバンクの回線と同じくらいの通信環境を提供していて、ソフトバンクよりも安くなるというのは大きなメリットになります。

口コミには、悪い口コミも当然あります。Yモバイルに関する評判で一番多い悪い評判が接客面に関するものです。Yモバイルの場合、
店舗での販売も行なっていますがそこの接客に関する悪い口コミが非常に多いです。接客態度が悪い、質問しても明確な回答を得ることが出来ない、わからないから質問したのに、自分のところのサービスがまったくわかっていないのか、はぐらかされて結局自分で調べなくてはならなかったという口コミがありました。

大手キャリアでも店舗があります。もちろん大手キャリアでも接客に関する不満はありますが、Yモバイルの場合には
他社比較をしてもかなり接客面に関しては評判がよくないようです。自分が利用する会社の接客が雑だというのはやはり気分が悪くなるでしょう。

それから悪い口コミでは料金面に関するものです。たしかに、大手キャリアなどと比較してみると月々の料金などが安くなるというのはありますが、
他社の格安スマホなどと比べると特別安いというわけではありません。料金の安さだけで比較するのならば、他社の方が安いという場合が多いです。とにかく安いものを利用したいという場合には他社の方を選ぶのがよいでしょう。

また、悪い口コミの中で目立ち、
最大のデメリットとも言えるのがデータ繰り越しについてです。これは、Yモバイルに申し込みを行う際の最大の注意点でもあります。通常はデータ通信で契約している容量以下の場合には次の月に繰り越せるというのが一般的です。ですから、今月は余り使わなかったけれど繰り越せるからいいやという風にあまり、深くは考えないでしょう。

しかし、
Yモバイルの場合にはデータ繰り越しが出来ないので、余ってしまっても次の月に繰り越すということは出来ません。もちろん契約プランの容量よりも多く使うという場合には追加でデータを購入しなければなりません。この点は、大きなデメリットです。データ通信容量を余らせても損をするし、オーバーしても損をしてしまうというのは利用者からするとやはり大きな不満を感じることでしょう。

通信エリア外の場合


Yモバイルを利用していて通信範囲外となってしまった場合にはどうすればよいのでしょうか?まずはYモバイルと契約を行う前に、
公式サイトから対応エリアを事前に確認しておくという必要があります。確認しておかないと契約後に実は対応エリアではなく、利用することが出来ないなどのことが起きてしまう可能性があります。

移動している最中に通信エリア外になってしまったという場合には、対応エリアに移動して使用する必要があります。対応エリアは順次拡大されていますが、万が一自分の自宅などが通信エリア外という場合には、使用することが出来ません。公式サイトなどから改善の要望を出すなどをして順次エリアが拡大されるのを待つという方法しかありません。

もちろん、対応エリア内に移動することで利用することは可能ですが、通信エリア外に入ると通信が出来なくなってしまいます。

他社との比較

Yモバイルのサービスを他社の格安スマホなどと比較してみるとどのような違いがあるのでしょうか?調べてみました。現在Yモバイルを含めて、格安スマホの利用を検討している人には参考になるでしょう。

他社と比較した場合のメリットとデメリットについてまとめてみます。まずは、他社と比較した場合のメリットについてです。
メリットとしてはやはり実店舗があるということです。大手キャリアを利用している人にとっては、実店舗があるというのはあたりまえじゃないの?と感じるかもしれませんが、格安スマホなどを提供している事業者の中には人件費や経費を節約するためにインターネット上だけで、実店舗がないという場合も少なくありません。

しかし、わからない点などがあるという場合や故障などトラブルが起きた場合にはやはり実店舗があるかないかでは安心感が違います。実店舗があるというのは大きなメリットです。若い世代であればインターネットなどを利用してわからないところを調べるということは出来ますが、パソコンなどの操作に慣れていないという場合や高齢者などの場合にはそのようなインターネットで調べるというのは大きな不満を感じることでしょう。実店舗があればそこで聞くことが出来るのは嬉しいでしょう。

他のメリットとしては、通信回線についてです。Yモバイルで利用しているのはソフトバンクの回線を利用しています。通常格安スマホというと通信が安定しない、通信エリアがせまい、通信環境にはあまり満足することが出来ないけれど、その分利用料金が安いというのが定番でした。そのためたしかに、利用料金は安くなったけれど、通信環境に大きな不満があるということが多かったのですが、Yモバイルではソフトバンクの回線を利用しているので、
ソフトバンクと同等の通信環境が期待出来ます。もちろん環境などによって異なりますが、低品質ということではないので、利用する側には大きなメリットになります。

逆にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?デメリットにはいくつかありますが、まずは料金面です。これは契約するプランによっても異なりますが、
他社と比べると若干高めです。例えば、スマホプランにはS、M、Lがあります。スマホプランSの場合には基本使用料が月々2,980円。スマホプランMの場合には基本使用料が月々3,980円。スマホプランLの場合には基本使用料が月々5,980円となります。また、2年間の契約が基本で、途中で解約する際には9,500円の契約解除料がかかります。

このようなことからも料金面だけで言えば、他社の方が安いもの、契約解除料がかからないものもあるので、そちらを利用するのがよいでしょう。

また、Yモバイルの最大のデメリットとも言えるのがデータ通信量の繰り越しが出来ないということです。これは大きなデメリットです。通常であれば余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことが出来るのがほとんどです。おそらく現在なにかしらのスマホを利用している人はこのような形が多いでしょう。

しかし、Yモバイルでは繰り越しは出来ないので、データ通信量が余ってしまったという場合には単純に損をしてしまうということになります。逆にデータ通信量が足りないという場合にはデータ容量を追加で購入する必要がありますので、このあたりのデータプランが大きなデメリットになるでしょう。少なすぎても足りないし、多すぎて余らせてしまうのはとても損をしているような気分になるでしょうし、とても難しいところでしょう。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX