閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAX通信圏外!そんな時の対象法を解説

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

携帯電話の容量制限が厳しいと感じている人もいることでしょう。外出先でも気兼ねなくインターネットをしたい人はポケットWiFiもおすすめです。最近はネットビジネスを手掛けている人も増えており自宅はもちろん外出先でもインターネットを気兼ねなく利用できるポケットWiFiはますます注目を集めています。

ポケットWiFiの中でも特に人気なのが「WiMAX」です。CMでもおなじみの商品ですね。ポケットWiFiはエリアについても心配なところです。一説によると使えないエリアも多いのだとか。その点も気になりますね。

WiMAXはどうなのか?というとエリアはまずまずといったところです。すごくいいわけではないのですが悪いわけでもなく、それなりに使えます。ただし注意点があり、WiMAXは直線型の電波であるためコンクリートの影や大きなビルの裏などには電波が弱いといった点です。そうした場所はエリア内であっても電波がない状態になってしまいます。

WiMAXで電波がないときはどうしたらいいのか?そうした疑問を持っている人もいるかと思います。今回は電波圏外の時の対策法についてご紹介したいと思います。

WiMAXについて

WiMAXですがUQコミュニケーションズが提供を手掛けている商品です。UQコミュニケーションズはKDDIグループでもあります。WiMAXは3GやLETなどと同じ規格の移動体通信方式を利用しています。

WiMAXといえばポケットWiFiです。ポケットWiFiは持ち運び自由な無線インターネットとなります。自宅はもちろん外出先でも気兼ねなくインターネットをすることが可能です。携帯電話でもインターネットができるのですがポケットWIFIはデーター専用の機器で通話はできません。インターネットのみのサービスとなります。

WiMAXの利用方法ですがWiMAXの電波を利用して携帯電話やタブレット、パソコンなどに接続します。

WiMAXですが現在はWiMAX2+が主流となっています。WiMAXと呼ばれているものも実質はWiMAX2+の利用です。速度は下りで最高440Mbpsで、これはかなり早い速度で、フレッツ光のネクストハイスピードが250 Mbps前後なのでそちらと比較しても一目瞭然かと思います。

無線は固定回線と比較するとどうしても電波状況は良くありません。特に安定感という面ではマイナス面があります。しかしながら安定した環境で電波も問題なければ光回線とあまり変わらない速度で利用できます。

WiMAXの利用者数は2018年現在約2500万人前後と言われています。WiMAXの契約は原則3年契約で自動更新となります。解約月以外に解約すると解約手数料がかかるので注意が必要です。初月から13か月以内で解約すると19000円、14か月目から25か月目で解約すると14000円、26か月目から27か月目で解約すると9500円、それ以降の解約は9500円です。

ギガ放題のプランが人気です。多くの人はギガ放題で契約しているかと思いますがこちらも速度制限がなしというわけではなく他社に比べて緩い形となっています。固定回線の感覚で動画閲覧などをしていると速度制限がかかる危険性があります。

ギガ放題については3日間で10GBまでと制限が設定されており3日間で10GBを超えると夕方18時から夜中2時までの時間帯速度規制がかかります。この時間帯にインターネット閲覧するユーザーも多いと思うので制限がかかっては不便なことでしょう。

動画をメインに視聴するなら自宅では固定回線を利用した方がいいでしょう。外出先でサイトを確認したりメールのやり取りをするといった人ならポケットWiFiで良いかと思います。

WiMAXに限らずポケットWiFi全般に言えることですが充電が6時間から8時間程度しか持ちません。スマホに比べて充電の持つ時間も短いかと思います。外出先では充電対策も必須です。

通信圏外になってしまう理由とは

WiMAXは突如エリアが圏外になってしまうことがあります。ついさっきまで普通に利用できていたのになぜ突然圏外になってしまうのか?と疑問に思うことでしょう。

通信圏外になってしまう理由ですが提供元がメンテナンス中であったり電波状況であったりさまざまです。もちろんWiMAXの特性である電波状況にも関係はあり、WiMAXの電波は直線タイプであり「まっすぐ進む」という特性があります。

まっすぐ進むとはどういったことか?というと鉄筋コンクリートの場合、ビルの陰になる場合電波が入りにくくなります。そういう状況だと基地局からポケットWiFiの間で電波障害がある状況になります。

このように理由はいくつかある可能性があります。電波がいつも圏外なら電波が入りにくいことが原因の可能性が高いです。一時的に電波が入らないから基地局のメンテナンスの可能性もあります。

いずれにしても電波が入りやすいスポットにポケットWiFiを設置するのが1番の対策方です。直線で電波が入りやすく窓際を意識して設置するといいでしょう。

通信圏外なのか?通信障害なのか?

利用できるはずのWiMAXが使えない場合、通信圏外なのか?通信障害なのか?と疑問を持つ人も多いことでしょう。一体どっちなのか、知りたいところですよね。まずは原因追及をしてみましょう。

まずWiMAX回線を利用しているケースですがWiMAXの利用については「WiMAX 2+」の拡張にともない速度が遅くなったり電波状況が良くないことがあるようです。WiMAXの速度は下り最大40Mbpsなのですが現在は下り最大13Mbps前後となっており大幅に速度ダウンをしています。このケースは電波有無の話ではなく提供側の都合です。

上記の改善方法ですが機種交換がおすすめです。おそらく旧機種を使用しているユーザーがこうした現象が起きていると思います。機種を変えないと解決しないのでWiMAX 2+に機種変更をおすすめします。

速度がダウンしている場合、速度制限が原因かもしれません。速度制限ですが3日で10GB 以上の利用の場合、翌日のお昼ことから翌々日のお昼ごろまで速度制限がなされます。上記を解決するには時間の経過を待つしかありません。

WiMAXは電波を利用してインターネットを利用する仕組みとなっています。WiMAXはパソコンやスマートフォン、タブレットを利用して使っている人が多いことでしょう。その場合、電磁波の干渉を気にする必要があります。

電磁波の干渉ですが電子レンジなどがそうした例です。電子レンジの近くに機器を近づけないよう気を付けましょう。

また他のWiFiスポットが原因になっていることもあります。他のWiFiスポットがあると電波干渉をする可能性があります。周波数についても注意が必要で周波数設置を5.0GHZにすれば電波干渉を防ぐことができます。

電波状況に支障があるならまずはメンテナンス中や障害などがないか公式サイトで確認しましょう。UQのサイトで工事状況を確認できます。

次にWiMAXの再起動を試みましょう。WiMAXの再起動をするとリセットされ電波状況が改善されることもあります。電子機器は調子が悪いとき再起動することで普及することが多いです。ポケットWiFiだけではなくスマホやパソコンなどもあわせて再起動してみましょう。

USBケーブルについてもぜひ活用したいアイテムです。USBケーブルですがエリア圏内であれば周波数を5.0GHZに設定し利用が可能になる場合もあります。無線よりも有線の方が電波状況もいいですし、試してみる価値大です。

対処方法と注意点

WiMAXは速度やエリアが改善されておりますます注目度が高まっています。WiMAX通信圏外の対処方法ですがビルの影は上の階など直進の電波からそれると通信圏外になる可能性が高いです。電波が圏外の時は直線電波であることを頭に入れ妨げになっていないか?といった点に目を向けましょう。

電波のあるエリアですが通信端末のサービスエリアでも制限がある場合があります。それこそコンクリートの建物の影になっている場合、エリア外になりやすいので注意しましょう。

設定にも原因がある場合があります。対応や対処法についても覚えておけば電波の融通も利きやすいかと思います。故障についてはメーカーに問い合わせましょう。

自宅で利用する場合、対策をとることによって電波状況が改善される場合があります。対応エリアの確認もそうですが室内でも電波がきやすい場所に設置するといいでしょう。屋内でも窓際は電波が拾いやすいスポットでもあります。

地下や地下鉄だと電波があまりよくない場合があります。理由ですがWiMAXは特に電波の周波数が高く屈折に弱いためです。地下についても屈折が必要で電波状況があまりよくありません。詳細をサポートセンターで問い合わせてみるのもおすすめです。

初期設定ではポケットWiFiの状況がフラットとなっています。まずは設定を確認しましょう。メンテナンスですがメンテナンス情報を参考にするといいでしょう。調子が悪いときはWiMAXルーターを再起動すると復旧することも多いです。

WiMAX通信ですがモバイル通信の1種でありサポートについても充実しています。WiMAX通信でギガ放題の場合基本的にギガ数を気にしなくていいのですが3日間で10GBという制限があるので使いすぎには気を付けなくてはなりません。

モバイル通信のサポート内容の中でも月間通信容量制限がかかると制限プランの対象となり通信モード設定を変更することができなくなります。ようするに制限が解除されるまで我慢しなければならないという意味です。

WiMAXは通信速度のトラブルをあまり耳にしません。もし通信速度に異常を感じたら修理や故障を含めて確認した方がいいでしょう。公式サイトで通信障害情報ページもあるのでそちらの確認もおすすめです。

WiMAX電波改善ですが通信方式の特徴上、直線電波で利用できるスポットにポケットWiFiを設定して通信インフラにするのがベストです。具体的には1Fのコンクリートなどの妨げになっていない窓際に設置することで電波状況が良くなります。

WiMAXの電波は周波数が高いため直線電波のメリットとデメリットを踏まえて利用を検討するといいでしょう。モバイル通信手段の注意点としては屈折に弱いということです。

Pocket
LINEで送る

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX