閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Softbank air の速度は快適⁈契約内容や利用状況で変わる通信速度について解説

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

SoftBank airというサービスを聞いたことがある方も多いと思います。そのなかでSoftbank airの通信速度について話題になっていることがあります。ネット上の口コミなどでは、通信速度が遅いというものや全然快適で問題は感じないというものなど評判が分かれているのが実際です。

ではどうしてSoftbank air の速度に差が生じるのでしょうか。それは、利用状況や契約内容などが影響して通信速度に差が生じることがあります。

そこでSoftbank Airを利用しようと検討している方や使用している方でSoftbank Airのネット通信の環境を快適にしたいと思われている方はその方法などをご紹介しますね。

Softbank airについて

Softbank Airとは

SoftBank Airは、自宅用の据え置き型のWi-Fiでソフトバンクから提供されています。Softbank Airは、インターネット通信サービスで通信機器であるAirターミナルというものをコンセントに繋ぐことによって無線で通信できるタイプのものです。そのためAirターミナルを置くだけで工事は不要です。

Softbank Airの最大の魅力となっているのは、導入がかなり簡単であるという点です。引っ越しなどで他の場所で、できるだけネット環境を早めに確保したいという場合には最適です。Airターミナルを必要な場所に持ち運びコンセントに挿入することで通信ができ利便性という点では画期的なものです。

さらに従来のネット回線のようにSoftBank Airでは、回線業者やプロバイダなどとの面倒な契約も必要ありません。また開通工事などの時間のかかるものも必要ないので、忙しい仕事のある方にはありがたいですね。

Airターミナルの設置については

SoftBank Airでは、申し込んだ後に送付されて来るAirターミナルというWi-Fiルーターをコンセントに挿入して電源をONにするだけです。一般的に現在使用されているインターネット回線でシェアが多いのは、光回線です。光回線の場合には、光ファイバーで自宅から収容局までを繋いでおり必ず必要となるのが回線などの引き込み工事です。

しかしSoftbank Airでは、基地局から自宅の間を光ケーブルを使用せずにLTEで通信することになります。LTEというのは、携帯電話通信規格の一つの方法でよくスマホの通信などでも使用されているものです。工事が不要なネット回線ですので、一人暮らしの方などにはおすすめのWi-Fiとなります。

通信速度が遅い時の原因は


Softbank Airの通信速度が遅いと思った時には、原因がどのようなことなのかが分かれば対策もできますね。では通信速度が遅い時の原因についてご説明します。

エリアによる通信速度の違いとは

SoftBank Airのサービスは、モバイル回線を使用したものとなりますのでスマホと同様の通信扱いとなっています。スマホの場合には、電波が地域によって入りにくいということがよくあります。また速度が場所によっては、圏外になったり遅くなったりすることがあります。それと同様の問題も起こります。

そのためSoftBank Airの使用では、その使い心地が周辺環境やエリアなどによって大きく変化するのです。使用する方によって評価が異なるのは、このような点が関係しています。

住んでいるエリアによってSoftbank Airでは、最大通信速度が異なり261Mbps と350Mbpsとに分かれています。どちらの速度が自宅では出るのかエリアなどについては、ソフトバンクのサイトなどで確認をすることが可能です。

夜間に遅くなるのは

インターネットの通信というのは、夜間にはSoftbank Airに限らず遅くなることが多いものです。それは、利用者が夕食後から就寝までの時間帯に一番多くなるからです。

通信は、インターネットに接続する人達が増加すれば混雑をするために速度として遅くなります。また人気のサイトの場合にはアクセスがどうしても集中しますので通信速度は落ちます。

速度制限があるのか

速度制限はSoftbank Airの場合には一般的なスマホのようにはないのでいくら使用してもよいシステムです。しかしサービスを安定的にできるように速度制限をかけることがあります。 速度制限のかけ方としては、ソフトバンクの公式サイトによると次のようになっています。

次のようなコンテンツのサービスなどを利用する場合

通信速度などの制限がありますが通信が切断するということはありません。高画質画像や動画の閲覧やファイル交換、P2P 、ソフトウェアのダウンロードなどする場合のサイト、またアプリケーションを使用する場合です。またパケット信号にテレビ電話や音声通話などを変換してデータ通信するサービスを利用した場合などもです。

さらにBMPやJPEG、GIFなどの形式の画像ファイルやMPEGやAVI、MOVの形式などの動画のファイルを利用する場合です。

夜間などの利用が集中する時間帯

サービスの安定提供のために夜間などの時間帯では、速度制限があり通信の速度が低下することがあります。

特定のエリアでの速度制限

ネットワークが、特定のエリアで高負荷となるという場合にはサービスの安定提供のために該当するエリアの通信速度を低下するということがあります。
一定のエリア内での通信が混雑しているために回線速度が遅くなっているという状況です。

エリア内が混雑するというのは、Softbank Airユーザーが自分のエリア内に多くいすぎるということです。アンテナ1つを通信事業者が設置する場合に接続できる端末数というのは決まっていますので、一斉にエリア内のユーザーがどれだけ利用しているかで速度がどうしても変化してしまいます。

一部の利用者のネットワークの高負荷が判明した場合

過去に渡って3ヵ月の利用状況から一部の利用者によって特定時間帯や特定のエリアでネットワークに高負荷がかかったと判明した時です。その利用者の今後の再現性がかなり高いと判断される場合には、該当する利用者に対してサービスの安定提供のために速度制限が実施されることがあります。

このような速度制限は、光回線の一部のプロバイダーのビッグローブやOCNなどでは実施しています。そのためSoftbank Airだけが、光回線よりも速度制限があるから遅いということは一概に言えません。

Wi-Fi区間のAirターミナルから端末までの原因などでは

Wi-Fi区間のAirターミナルから端末までが原因となっている場合で、LTEの Softbank Airの回線としては良好であっても遅くなることがあります。
Wi-Fi区間の原因としては、端末からAirのターミナルまでに障害物が多い場合や距離がある場合です。またWi-Fiに端末を繋ぎ過ぎていたり電子レンジなどの電波干渉などがあったりしても遅くなる原因となります。

周波数帯が、Softbank Airの場合には2.4GHzと5GHzがあります。障害物として壁などがある場合や電波干渉がある場合にも5GHzの方がよりネット環境としては良くなります。

またWi-Fiに端末などをかなり繋ぎ過ぎているという場合には、周波数帯をうまく分散させると速度の改善が図れます。

自分の回線の中だけで混雑している

自分の回線の中だけで混雑しているということもありますので注意してください。それは、動画を視聴しながらゲームを2本同時にダウンロードしたり、ネットサーフィンをさらにしているというような状況です。データ通信を一度に大量に実施すると混雑が自分の回線だけのなかで発生するのです。

最大速度は、1回線の中で決まっているので速度が利用コンテンツごとに分散されてしまい速度が全体に遅くなってしまいます。

通信速度がどれ位かチェック

通信速度の値を測るサイトとは

通信速度が気になる場合に実際の通信速度の値を測る方法があります。契約前にSoftBank Airではエリアの確認が必須となっています。最大速度が261Mbps 出るエリアがSoftBank Airにはありますが、エリアによっては最大350速度Mbps出せるという地域もあります。しかし最大速度が261Mbpsは出ないとうエリアもあるのです。

まず最大速度が住んでいるエリアでどの程度なのかを調べる必要があります。SoftBankの公式サイト内に「住所別下り最大速度情報」というものがありますので、自宅エリアのチェックを必ずしてください。

エリアの検索の仕方は

利用している全国の都道府県や地区のエリアが表示されますので、自宅や今後利用する予定の場所などを選択してください。検索の仕方としては、関東・甲信であれば選択し、次に東京とし新宿区などと選択していきます。するとさらに細かく荒木町などの町内エリアへと分かれて表示されます。

例えば新宿区であっても赤城下町や元町の一部は、350Mbps出ますがその他の町では261Mbpsとなっています。SoftBank Airの対応速度というのは、そのエリアで出せる最大速度のことですが、一般的なエリアでは最大が261Mbpsです。そして最大350Mbpsは、一部のエリアで出せるということです。

エリアによっての状況とは

もし公式サイトでエリアを確認するページに自宅がエリア内に入っていないのであれば、SoftBank Airが使用できないか使用できても最大速度は、かなり下がるということです。

記載のないエリアでは、下りで最大では175Mbpsで165Mbpsであったり112.5Mbps、110Mbpsとなったりすることもあります。

また通信速度の値を測るサイトとしてBNRスピードテストなどでも測ることができます。状況として、ネットの表示などが遅いと思う時は実測値を速度測定サイトで測ってみてください。

体感的として遅いと感じられるのは、値が1Mbpsを下回る時です。インターネットを普通に利用できる値としては、10Mbps以上あれば下りの速度としては十分です。

Airターミナル機種ごとの値は

契約時期によってSoftbank Airでは、ルーターの使用が違っていて機種ごとに最大速度や性能が異なります。最新の機種のAirターミナル3は、最大速度が350Mbpsで以前のAirターミナル2は261Mbpsです。それ以前のAirターミナルでも110Mbpsですので、問題はありません。そしてSoftbank Airに新規で契約した場合は、Airターミナル3が送られてきますので安心です。

通信速度を快適にするポイント

Softbank Airの通信速度を早くするため窓際に置く

Softbank Airでは、オンラインゲームや高画質動画、PS4などをする場合には少し通信速度面で心配です。そのためネットサーフィン程度であれば問題はないのですが、高画質動画などでは動きにエリアと環境などによって遅くなりストレスが出るかも知れませんね。

そのような点を改善するためには、窓際にAirターミナルを設置したりLANケーブルでAirターミナルとPCやPS4などの機器を繋ぐという対応をすると通信速度を少しあげることができます。

Airターミナルのようなモバイルタイプの回線では、どうしても屋内ではキャッチするのが弱くなりますので、窓際の一番電波をキャッチしやすい所においてください。

LANケーブルつないで快適に

さらに効果が高くなるのは、有線であるLANケーブルとAirターミナルを使用することです。無線Wi-Fiが特長的なSoftbank AirはLANケーブルをAirターミナルに挿せますのでケーブルで繋ぐことで有線で使用することが可能です。

LANケーブルを直接Airターミナルに繋いだ方が無線のWi-Fiで電波のキャッチしたり送ったりするよりも通信が安定しますし速度も出やすくなります。

Softbank airの契約方法と注意点


もし契約をするのであれば、Softbank airの月額料金やキャンペーン情報をしっかりと確認してよりお得に契約しましょう。契約の方法は、公式サイトの手順に従って実施します。

Softbank airの月額料金は

Softbank airは、2年契約となります。工事も必要なく持ち運びなども簡単にできますので、2年間という期間であれば引っ越しなどをしても使用しやすい期間です。

新規申込みのキャンペーン中であれば、2年間の間月額料金が1000円程度毎月安くなります。キャンペーンの終了時期は、まだ未定なので問い合わせてください。

Airターミナルをレンタルするか分割購入にするかでSoftbank airの月額料金が変わります。

Airターミナルをレンタルする場合は

月額が4,880円でレンタル料が490円です。キャンペ-ンで2年間毎月1,080円安くなるとすると毎月の支払いとしては、4,290円となります。レンタルした場合には、購入よりもやや高くなります。しかし2年間で契約を終えるという見通しがあるのであれば、レンタルという方法もおすすめです。

Airターミナルを分割購入する場合は

月額が4,880円でレンタル料がありませんので0円です。キャンペ-ンで2年間毎月1,080円安くなるとすると毎月の支払いとしては、3,800円となります。Airターミナルを購入する方が安いのですが、注意点があります。それは36回の分割払いのみになるという縛りがあるのです。

Softbank airは、2年契約なのですがAirターミナルを分割購入した場合に限ってはターミナル代を3年間支払わなければいけないので2年で終了できないということがあります。またAirターミナルを解約した後は、Wi-Fiのルーターとしても使用できませんので注意してください。

契約をする前にエリアの確認を!

SoftBank Airをエリアの確認をしないで契約してしまうと対象のエリア外であった場合には、通信速度が極端に遅くなるということがあります。必ず自宅が対象のエリア内なのかどうかの確認を契約する前にしてください。

上述したようにエリア情報を公式サイトなどで確認することができます。 またエリア内でも速度が遅くて使用できないと判断した場合には、クーリングオフ制度で契約をした日から8日以内というのであれば無料で解約をすることができます。

メリットとデメリット


Softbank Airは、電波での通信方法ですのでどうしてもメリットやデメリットが出てきます。

メリットとしては

Softbank Airのメリットとしては、工事などができにくい場合でも利用できるという点です。光回線は、一般的には工事が必要となり面倒なのですがSoftbank Airは、その必要がありません。

また一般的な光回線とSoftbank Airとの通信速度では、光回線の場合には下り上りともに最大では1Gbpsあります。しかしプランによって光回線では、最大速度として200Mbpsになったり100Mbpsになったりするという場合もあります。その点では、Softbank Airの下りの方が最大で350Mbpsか261Mbpsになりますので速いということになります。さらにスマホのような通信量としての上限は定められておらず、使い放題です。

デメリットでは

SoftBank Airは、4G回線でスマホなどと同様ですので通信速度が回線の混雑状況によっては低下し制限されるということがあります。この点については、公式サイトなどでも注意書きとして示されています。

特に夜間などの使用が集中する時間帯では、速度制限などがあり通信速度が低下します。またファイル交換ソフトや動画などを利用した場合でも速度が遅くなります。そのためオンラインゲームなどを夜間にしたいという方や動画サービスをかなり見るという方には、向いていません。さらに電波のキャッチできにくい場所では、設置ができないことがあります。

まとめ

Softbank Airでは、速度が遅いなどの点が問題とされていますがご自分のネット環境によってはメリットの多い通信手段です。
しかしさまざまな要素によって通信速度が上下しますので注意してください。特に速度に関するエリアの確認や速度の制限があることの認識、安易に光回線と同様のレベルのサービスがあると期待すると問題です。

勘違いした状態で契約するということがあった場合には、ク-リングオフの期間内に必ず対応してください。そしてご自分のネット環境が合うのであれば、工事なども必要ないSoftbank Airのメリットを活かしてください。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX