閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ラクーポンWiMAXは親会社の変更によりCPWIMAXへ!新規契約や解約はどうなる?

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る


ラクーポンWiMAXは楽天クーポン株式会社から株式会社EPARKマーケティングへと親会社が変更に。
親会社変更後は新規契約や解約がどうなるのか気になるところ。
そこで分かりやすく解説していくため、気になる方は参考にしてみて下さい。

ラクーポンWiMAXからCPWiMAXへ

ラクーポンWiMAXの一番の魅力は月額料金の安さ。
WiMAXでは月間のデータ量制限のある通常プランと使いたい放題できるギガ放題のプランがあります。
データ通信量の多い方はギガ放題プランのほうが魅力的だが、通常プランより高くなるデメリットがありました。

ラクーポンWiMAXならそんな時でも格安料金でギガ放題プランを利用する事が可能。
しかし親会社が変更になり、新サービス名のCPWiMAXへと変わる事になりました。

CP WiMAXの詳しい情報は2018年2月末の現在、まだ少ない状況。
今まで通り利用ができるのか、不安に感じているユーザーは多いのではないでしょうか。

新名称に変わっただけ

実は全く別の親会社に変更となった訳ではありません。
株式会社EPARKマーケティングは楽天クーポン株式会社の新名称。
名称が変わっただけのため、引き続きWiMAXの利用ができるのです。

CPWIMAXの詳細がまだ不透明ではあるものの、プランや月額料金やエリアについても変わらない可能性が高いと言えるでしょう。
別の会社に個人情報が渡るのでは抵抗があるという方でも大丈夫。

引き続き利用できますが、全く手続き不要な訳ではありません。
新名称の株式会社EPARKマーケティングより、会員移行手続きの依頼が来る注意点が。
詳細は登録済みのメールアドレスへ連絡するとの事。
メールアドレスを変更している場合は新しいメールアドレスの連絡が必要です。

CPWIMAXになっても取り扱いWiMAX端末の販売価格は上がらない可能性大。
使える機種も変わらない可能性が高いため、わざわざ新しい機種へ買い替えするという心配は少ないでしょう。
ただし端末が古すぎて性能的に見劣りする場合は最新の端末に買い替えたほうが良い事があります。

サービス名が変更となると気になるのが料金の支払い方法。
支払い方法が変わるのでは別途手続きが必要になる心配があります。

しかし支払い方法についても今まで通り、クレジットカードで大丈夫である可能性大。
クレジットカードを解約したなど何らかの原因で支払い方法の変更が必要になった場合、マイページより変更の手続きが行えます。

ただしこの方法は2016年3月1日より先に契約した方が対象という点には注意。
その他にも支払い方法はクレジットカードのみ、口座振替では支払いできない点も把握しておいて下さい。

解約方法はどうなっている?

同じ会社とは言え、名称が変わるのでは不安という方は解約する事が可能です。
ただし契約期間内に解約すると契約解除料が発生する可能性あり。
解約を希望する時は事前に契約約款に目を通してみて下さい。

解約に関するお問い合わせ先は2017年11月1日移行、株式会社EPARKマーケティングとなる。
ただし楽天の場合は電話サポートによるサポート内容があまり良くないという口コミが見られます。
中には問い合わせのメールを送ったが何日も返事が来ないという口コミも。

今回の名称変更でお問い合わせが増えて混雑する可能性大です。
混雑すると電話サポートに繋がらない恐れがあります。
解約申請は購入したタイミングによって変わるために注意が必要。
2016年2月29日より前に購入した方は解約フォームより、2016年3月1日より先に購入した方はマイページより申請可能。

解約時の端末返却は原則不要となっていますが、一部の端末では返却が必要になる事があります。
どの端末で返却が必要になるのか、事前に確認する事が大切。

新規契約はできるのか

生まれ変わるCPWIMAXへ新規契約できるのかも気になるところ。
先ほど述べたようにCPWIMAXの情報が少ないため、新規契約できるのか分かり難い状況。
新規契約できる場合、新規料金が変わる可能性はあります。

新名称へと変わった後、WiMAX事業をずっと継続していく意思があるのかも不透明な状況。
WiMAX事業をもし手放す事になった場合、別の会社に引き継ぎされる可能性はある。
楽天では過去にフリーテルという格安SIMの事業を買収した事があります。

この時は手続き不要で契約内容がそのまま引き継がれました。
しかし手放す事になった場合、必ず買収する会社が現れる保証はありません。

新規契約するメリットはあるのか

WiMAXプロバイダによってはauユーザーがお得になるauスマートバリューmineを取扱っています。
さらにauスマートバリューmineにはハイスピードプラスエリアモードの1,005円月無料になるというメリットが。
しかしラクーポンWiMAXではauスマートバリューmineの取扱がありません。

CPWIMAXに生まれ変わった後でも同じの可能性が。
CPWIMAXと新規契約ができた場合でも、auスマホユーザーがわざわざ選ぶメリットは少ないです。

WiMAXプロバイダは月額料金だけじゃなく、キャッシュバックキャンペーン込みでも比較したいところ。
キャッシュバック額の大きなキャンペーンを実施するWiMAXプロバイダの場合、CPWIMAXより月額料金じたいは高くても2年間の実費費用は安くなる可能性があります。
WiMAXプロバイダによってはクレードルも無料で提供している場合が。
しかしラクーポンWiMAXでは別売りが基本となっており、この点でもメリットがありません。

まとめ

ここまでラクーポンWiMAXからCPWIMAXへ変更になったらどうなるのか解説してきました。
ラクーポンWiMAXを利用しており、解約するのが面倒という方、解約解除料が気になるという方はそのまま継続するのも一つの方法。

しかしカシモWiMAXといった格安のWiMAXプロバイダの登場により、月額料金が安いというメリットも薄くなっています。

新規契約ができる場合でも、CPWIMAXを選ぶメリットがあまり無いと言える状況。
WiMAXプロバイダと新規契約したい方で利用料金を節約したい場合はキャッシュバックキャンペーン込み、2年分の実質費用で安いところを選んだほうが良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX