ラクーポンWiMAXは親会社の変更によりCP WIMAXへ!新規受付も終了。解約した方がいいの?
  • ラクーポンWiMAXからCP WiMAXへの名称変更の理由
  • CP WiMAXの解約方法
  • CP WiMAX解約後の他社WiMAXへのお得な乗り換え方法

ラクーポンWiMAXはCP WiMAXへ移行


楽天クーポン株式会社が運営していたラクーポンWiMAXは、株式会社EPARKマーケティングへ運営元が変わったことにより、CP WiMAXへと名称変更されました。

名称が変わるだけで、料金プランや月額料金、対応エリアについてもこれまでと変わりはありませんし、基本的なサービス内容に変更はありませんので、今まで通り利用可能です。

しかし、新規申込は受付を終了していますので、現在契約中の方は、契約更新月のタイミングで解約して他社へ乗り換える準備をしておきましょう。

ラクーポンWiMAXからEクーポンのアカウントへの移行手続きは必要

基本的なサービス内容に変更はありませんが、CP WiMAXのマイページへログインするためにも、ラクーポンWiMAXからEクーポンへの移行手続きが必要です。

移行手続きについては、2017年11月1日以降、登録メールアドレスに順次案内メールが届いているはずですが、見落としている方もいらっしゃるでしょう。

移行手続きの詳細については、下記のEクーポン公式サイトもご覧ください。
>>初回ログイン、会員情報以降の流れ(Eクーポン)

POINT
ラクーポンWiMAXからEクーポンのアカウントへの変更手続きが必要

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約方法と違約金について

「運営会社が変わるってことは、別の会社に個人情報が渡っちゃうってこと?」

「親会社が変わるなら解約しようかな。。」

運営していた会社が変わることにより、個人情報が別の会社に渡るのかと心配される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、今回は、運営会社の名称が変わるだけで、全く別の親会社に変更となった訳ではありませんので、個人情報が別の会社に渡るという事はありません。

ただ、それでもなんとなく不安という方もいらっしゃるでしょうし、この際だから解約しようかという方もいらっしゃるでしょう。

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約手続きはEクーポンへのマイページへログインする必要がありますので、Eクーポンアカウントへの移行手続きは済ませておきましょう。

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の契約更新月の確認方法

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約の際には、契約更新月を確認してから解約手続きを済ませましょう。

  1. Eクーポンへログイン後、マイページへログインします。
  2. マイページの購入履歴より、契約しているWiMAXのクーポン情報をクリックします。
  3. 掲載ページへ遷移するので、利用条件欄で契約月と契約更新月を確認します。

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の契約更新月は、利用開始月を含めた26ヶ月目になります。

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約違約金

利用開始月~13ヶ月目まで 19,000円(税抜)
14ヶ月目~25ヶ月目 14000(税抜)
26ヶ月目 0円
27ヶ月目~49ヶ月目 9,500円

解約違約金の発生しない契約更新月は26ヶ月目ですが、すでに26ヶ月目を過ぎてしまっているという方は、解約違約金を代わりに負担してくれるBroad WiMAXへの乗り換えがおすすめです。

>>Broad WiMAXの公式ページはこちら<<

おすすめのプロバイダを比較して選びたい方は、下記のページを参考にしてみてください。

>>WiMAXの達人がおすすめするベストWiMAX<<

POINT
契約更新月が過ぎてしまっている方は、Broad WiMAXへの乗り換えがおすすめ

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約はマイページから可能

CP WiMAX(ラクーポンWiMAX)の解約は、Eクーポンアカウントのマイページにログイン後、下記の手順で解約手続きが可能です。

  1. 解約を希望する月の前月21日~解約希望月の20日までに、Eクーポンのマイページから解約を申請します。
  2. マイページにログイン後、解約希望の商品を選び、「解約申請」をクリックします。
  3. 内容を確認し、「上記内容に同意する」にチェックして、「解約を申請する」をクリックすれば手続きは完了します。

CP WiMAX(ラクーポン wimax)の解約時に端末の返却は不要

CP WiMAX(ラクーポン wimax)の解約時に端末の返却は不要です。

しかし、ごく一部の端末では返却が必要です。

返却が必要な場合は、解約時に返信されるメールで返却が必要である旨通知されますが、WiMAXの端末ではなく、Shareee!SIM、NI-760S(ドコモ)、LTE (GP04)など、ポケットWiFiの端末です。

Broad WiMAXに乗り換えれば、解約の際の違約金を負担してくれる!


契約更新月に解約すれば、違約金など発生しないのでベストタイミングと言えますが、更新月はまだ先という方にも、損しない解約方法はあります。

Broad WiMAXなら、他社WiMAXからの乗り換えユーザーに、解約の際の違約金を負担してくれるキャンペーンが用意されています。

CP WiMAXを解約する際に必要となる解約金で最大19,000円までBroad WIMAXが負担してくれます。

このキャンペーンは予告なく変更・終了する場合もあるので、CP WiMAXの解約を考えている方はお早目にBroad WiMAXへの乗り換えをご検討ください。

>>Broad WiMAXの公式ページはこちら<<

CP WiMAX(旧ラクーポン wimax)新規契約の受付は終了

CP WiMAX(旧ラクーポン wimax)はすでに新規契約の受付は終了しました。

今後、新規受付を開始するかどうかもハッキリしませんし、現在の契約者のサポート状況も不透明です。

公式サイトを見る限り、WiMAX事業は徐々に縮小し、最終的には撤退することも視野に入れていると考えられます。

WiMAXは現在では、さまざまなプロバイダが新規ユーザー獲得のために、キャンペーンや月額料金の割引など魅力的なサービス内容で競い合っています。

楽天のクーポンが使えなくなったCP WiMAXについて、特にこだわる必要もないでしょう。

まとめ

ラクーポンWiMAXは親会社の変更に伴い、CP WiMAXと変更になりましたが、基本的なサービス内容に変わりはありません。

しかし、CP WiMAXを使い続けることに、これといったメリットはありません。

この機会にマイページにログインして、現在の月額料金や契約更新月を確認してみましょう。

契約更新月が近い方は、他社への乗り換えをおすすめします。

契約更新月はまだだいぶ先という方や、すでに過ぎてしまったという方は、解約違約金を負担してくれるBroad WiMAXへの乗り換えを検討しましょう。

いずれにしても、CP WiMAX(旧ラクーポン WiMAX)からの乗り換えには大きなメリットが期待できます。

乗り換えによって、最新機種が手に入りますから、現在よりも高速で快適な通信環境が期待できますし、新規ユーザーの特典でもある月額料金の割引が適用されるなどメリットは大きいと言えます。