閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

【2018年】ポケットwifi 無制限を比較!ネット回線代わりに使えるのはどれ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

無制限でポケットWiFiをネット回線の代わりに使用したいけどと考えている方は多いでしょうね。でもどのサービスが一番いいのか自分にあっているのかがわかりづらいという場合があります。そのために契約をどこにすればいいのかが分かりにくくてまだ使用していないという方もいることでしょう。

ポケットWiFiの制限は、2018年4月にかなり変化したので注意が必要ですよ。
現在のポケットWiFiは、ネットが持ち運んでもできる端末となっています。もちろん工事なども不要ですしポケットWiFiが届いた時から、自宅や外出先でも使用できるものです。

ご自分のスマートフォンやPC、タブレットなどでのネット接続が簡単にできるようになりますので便利です。では、そのようなネット代わりにポケットwifi を無制限に使用でできるベストなものをさがしてみましょう。

ネット回線代わりに使いたいpocketwifi無制限プランを比較

pocketwifi無制限プランにもさまざまなものがあるのですが、どのような観点からさがすといいでしょうね。

無制限ポケットWiFi選びのポイントとは

無制限ポケットWiFiを選ぶ場合に重要となるポイントとしては、次のような点です。速度制限の条件にかかわることですが、本当に速度制限が無制限になっているのかという点と端末の性能の良さや利用料金、契約期間の長さなどです。

このようなポイントなどを比較してみることでどこのポケットWiFiがご自分にあっているのかがわかりますよ。また超高速ネットなどもたっぷり使用できるとか月間データ容量が制限なしで使用できるものなどもあります。またLTEが使い放題だったり定額無制限とうたっている広告表示などもありますので、十分検討する必要がありますね。

速度制限では

速度制限では、本当に無制限というポケットWiFiはあるのでしょうか。実際のところ光回線などとは違って完全に無制限のポケットWiFiというのは難しいのです。そのようなポケットWiFiはNOといってもいいもいいでしょう。

というのも回線がパンクするのを防ぐためには、短期間で使用しすぎた時には通信速度がどうしても制限されるのです。それは、スマホなどのパケット容量を使用しすぎて超えた場合に急に重くなるというような感じです。

その中でもスマホなどと異なりY!mobile やUQ WiMAX、Yahoo!WiFiなどは無制限のプランの場合には、比較的快適に速度制限時にもネットが見られるように配慮がなされています。しかしY!mobile やUQ WiMAX、Yahoo!WiFiでもどうしても速度制限がゆるくかかってしまい10GBの制限を3日で超えた場合には1Mbpsの速度の制限がかかります。

<10GBってどれくらい>
10GBではどれくらいのことができるのでしょうか。スマートフォンやパソコンでいいますと次のようになります。

スマートフォンでは、テキストメ-ル300文字であれば約666,666通でパソコンであれば333,333通程度です。Youtubeの超高画質を見る場合には、連続でなければスマホで88回約7時間ぐらい見られます。パソコンも同様です。これだけ使用できればほぼ問題なく使用できますね。

ただ次のような使用の仕方をすると一瞬で10GBを超えますので注意してください。それは、10GBを超えるようなファイルをダウンロードした場合や高画質の動画を連続して約1時間見続けた場合です。また動画つきのテレビ会議であれば約90分で制限がかかってしまいます。

その他に、株トレードやオンラインゲームなどでは通信量がかなり大きくなりますので配慮が必要です。

<1Mbpsの速度とは>
気になる1Mbpsという速度制限は、標準画質でYoutubeの動画を見られるぐらいの速度となります。これくらいの速度であれば、ストレスもなく使用できますので実際のところ無制限でも問題がありません。

しかし上述した3社以外では、Yahoo!のトップページを開く場合でも30秒以上もかかってしまうという遅さになるものもあります。このような条件になるものもあるので注意してください。

 端末の性能では

各社で端末や回線の性能というのは、大きな差がみられます。Y!mobileやUQ WiMAXなどの最新機種と比べるとYahoo!WiFiなどではかなり劣っているのです。

それは、Yahoo!WiFiではY!mobileの過去の機種を使用しているからです。調べると発売されてから1年半も古い機種となりますので当然のことですが機種としての性能も低くなります。

受信の最大速度で比較するとY!mobileでは612Mbps、UQ WiMAXでは590MbpsですがYahoo!WiFiでは、187.5Mbpsとなっています。

この数値からもかなり差があるのが分かります。実用に耐えられないということではありませんが、あまりおすすめはできません。

 利用料金では

2年間の実質月額では、UQ WiMAXは3,088円で他の会社は3年間の実質月額となりますが、Y!mobileは4,830円です。Yahoo!WiFiは、3,696円ですのでUQ WiMAXと比較しても料金は高くなります。

利用料金だけで比較した場合には、Y!mobileが高くなりますね。Yahoo!WiFiが低価格になっている理由としては、端末や回線の性能が低いためです。UQ WiMAXが低価格になっているのは、プロバイダと呼ばれる販売代理店の会社を通しますのでY!mobileよりも安くなっているということです。

というのもプロバイダの多くは、集客もWebに特化していますので事務所費用や人件費などを安くおさえることができるためです。そして削減できた費用を購入者にそのままキャッシュバックすることが可能ですので費用が安価にできます。

契約期間の長さ

UQ WiMAXは、契約期間が2年間ですが他の会社は契約期間が3年となっています。契約期間中に他のものに乗り換えようとすると違約金がかかることになります。途中で解約してしまうと端末代の分割代金や契約解除料が9,500円ほどかかってしまいます。

UQ WiMAXのポケットwifiでも2年契約で長いと感じる方もいるかも知れませんが3年契約となるとかなり長いですね。その間に乗り換えれば割引キャンペーンのキャッシュバックなどが他の会社のポケットwifiであっても申し込むチャンスを逃すということにもなります。

実際に使ってみてブチブチ切れない安定したWiFiは?

ポケットwifiで一番良いのは?

ポケットWiFiの無制限という点で比較するとWiMAXがいいでしょうね。その理由としては、上述した内容にも関連しますが、回線速度などでは約10Mbpsから130Mbpsですので動画を見るには十分な容量です。またモバイル端末としても問題ありません。

UQ WiMAX以外の会社では、写真や動画などを快適に見れないという点がどうしても出てきます。

WiMAXで問題が出た場合には

しかしWiMAXを使用している方のなかに速度制限で気にかかることがあるという方もいます。分析してみるとオンライン株トレードなどを行っているというような場合です。この場合には、かなり容量が大きいのですぐに通信制限に引っかかってしまうのです。

また毎日のように高画質な動画視聴をする場合やオンラインゲームをしている方は、モバイル通信端末自体を止めておいた方が無難です。そして光回線といった固定回線に切り替えた方がいいですね。

UQ WiMAXは、速度制限が2017年の2月に改善されました。3日間で3GBから10GBまでになっています。それにより速度も最大が220Mbpsだったものから440Mbpsまでに改善されています。またLTE回線の無償化なども今後UQ WiMAXでは公式に導入することが検討されています。このように速度などに関してもますます良い環境になりそうですね。

WiMAXを契約する場合のポイントとは

ではWiMAXに申し込むためにには、どのような点に注意するといいのでしょうか。まずどのような契約プランにして機種も決め、プロバイダを選ぶ必要があります。

まず電話での問い合わせができる窓口から申し込むのではなく公式ページのフォームというところから申し込むのがいいですね。それは、口頭の場合にはキャンペーンなどが契約した後に適用されていないことなどがありトラブルになる可能性が出る場合があるからです。

契約プランを決める場合は

プランの中には、通常プランで税抜3670円かギガ放題プランの税抜4350円のものがあります。通常プランの場合には、月間のデータ量が7GBを超えると速度制限が128kbpsかかります。ギガ放題プランでは、データ量での月間制限がないのでインターネットを制限なども気にせずに楽しむことができます。

ちなみにデータ容量7GBでは、メ-ルは268万通送受信ができますが動画の視聴は4.5時間となります。そして速度制限がかかった場合には、かなり遅くなりますのでストレスを感じる方も出るでしょうね。動画を見るものが多い方は、ギガ放題がおすすめです。

機種を選ぶポイントは

ルーターでは、通信速度が最速のもので558Mbpsです。LTEを利用する場合は708Mbpsは欲しいですね。そしてau 4G LTEモードなどを含めた全ての機能が使用できるものです。大幅に通信速度もアップでき画像アップロードなどが高速化できるものです。

最新機種では、W05が優れています。
上りの最高速度も2.5倍とかなり向上しています。上り速度というのは、動画や写真などのデータをWEB上にアップロードする時の速度のことです。W05は、最大75MBpsでWX04以前のものでは、30MBpsですのでかなり速いですね。

WEBの閲覧などの時には、下り速度とも言われます。W05の下りの最大通信速度は、708Mbpsで今あるポケットWiFiの中では最速となっています。

上り速度が速くなると、Facebook、InstagramやTwitter、Youtubeなどで写真や動画を投稿する際にもアップロードがかなり高速でできます。今までよりもサクサクと快適に活用することが可能です。

プロバイダを決める場合には

プロバイダを選ぶポイントは、次のような点です。最新端末の例えばW05などを2年間プランで選べることができるプロバイダです。また実質費用では、キャッシュバック金額を含めたもので比較してください。キャッシュバック受け取りの手続きとしてメールを購入後の11ヶ月目に確認して必ず行うようにしてください。

2年プランで申し込む場合にプロバイダで一番安いのは、どこかを比較しましょう。実質費用でキャッシュバックを含めたものが最新端末で安いかどうかです。WiMAXの速度やサービスなどは、選ぶプロバイダではあまり変わりませんので料金を検討することがとにかく大切です。

注目しないといけないのは、基本の契約期間が2年間でキャッシュバックを含めて使用した場合にトータルとしての費用がどれだけになるのかどれだけ安いのかという点です。

プロバイダまなかには、月額料金を安く見せかけて付帯サービス料金などを水増しするということもあります。またキャッシュバック金額が一見すると高くなっていてお徳感を与えるようにしてあっても古い端末の限定となっておりキャッシュバック金額が高いということもあるのです。

計算する場合には、実質費用としては、月額料金に23をかけた金額に登録料と 初月料金 、その他費用と端末代を加えます。そこからキャッシュバックやその他の割引を引いて求めてください。

また申し込む時には、条件が特定の紹介サイトの経由だと変わるということもありますので、必ず公式のページから申し込んでください。

まとめ

2018年のポケットwifiを 無制限で使用できるものを比較して、ネット回線代わりに使用できるもので一番良いのはどれがお分かりいただけましたか?
無制限でポケットWiFiを使用したい場合には、WiMAXがおすすめです。なぜWiMAXがいいのかは、契約プランやそれに関係する機種、またプロバイダなどの問題もありますので、よく検討してください。

選択する時にさまざまな会社が出している広告などでは、都合の良い情報を集客のために提示することが多いので十分に注意しましょう。そして料金体系を比較しサービス規約などもしっかりと確認してください。

Pocket
LINEで送る

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX