閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

カシモWiMAXの安さを評判から検証してメリットとデメリットや契約時の注意点を解説

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

最近「カシモWiMAXが激安!!」という話を耳にします。最近サービスを始めたということらしいのですが、果たしてカシモWiMAXは本当に激安なのでしょうか?

ここでは、評判や口コミなどを基にカシモWiMAXについて検証するとともに、カシモWiMAXのメリット・デメリット、契約時の注意点などについても詳しく解説していきます。

WiMAXでどこか安いところはないかと探している方は特に必見ですよ!

カシモWiMAXとは

カシモWiMAXとは、株式会社MEモバイルがプロバイダとして2017年10月5日から開始したWiMAX回線サービスのことを言い、その特徴は、「(機種によって)新古品を扱うことにより利用料を激安料金に抑えている」点です。

しかしWiMAXで新古品を扱うというのは、正直聞いたことがありません。これはいったいどういうことでしょうか?

カシモMiMAXが新古品を扱うのは、親会社の影響があると言えます。株式会社MEモバイルの親会社は、「高く売れるドットコム」を始めとしたネット型リユース事業を展開する「株式会社マーケットエンタープライズ」です。マーケットエンタープライズは東証マザーズ上場、資本金3億円超の大きな企業ですが、「リユース」、つまり「使用者から物を買い取り、そのままの形状で再度使用する(もちろんメンテナンスはします)」ことで利益を上げている会社になっています。

また、「カシモ」とは2016年9月27日にスタートしたMEモバイルのMVNOサービス(Mobile Virtual Network Operator serviceの略。無線通信サービスの設備を借り受けて、移動体通信サービスを提供する事業者のサービス)のことで、「カシモ」の特徴は、「スマートフォンやタブレットなどの中古品を扱う低価格通信サービス」という点です。

つまり、親会社ならびにMEモバイルのサービス「カシモ」自体が中古品を扱うことを基盤としており、そのため「カシモWiMAX」も新古品を扱っているのです。

料金の安さを他社と比較

そんな「カシモWiMAX」は、公式ホームページで「業界最安級」を謳っていますが、カシモWiMAXは他社プロバイダの料金と比べてどの程度安いのでしょうか?

結論から言うと、「カシモWiMAXは業界最安値ではありません」。あくまで「業界最安級」でした。

カシモWiMAXの月額料金1,380円~は確かに安いにもかかわらず、なぜ業界最安値ではないのでしょうか?まずはカシモWiMAXの月額料金プランから確認してみましょう。

カシモWiMAXには、とにかく月額料金を安くしたい人向けの「最安級プラン」と、最新端末をお得に利用できる「新端末プラン」の2種類があります。ここでは、どちらも月額料金が割引される「カシモおトク割引後」の料金を見てみます。

月数 最安級プラン(税抜) 新端末プラン(税抜)
ライトプラン(7GB) ギガ放題プラン ライトプラン(7GB) ギガ放題プラン
初月 0円 0円 1,380円 1,380円
1か月目 1,380円 1,380円 1,380円 1,380円
2か月~24か月目 2,680円 3,380円 2,980円 3,580円
25か月目以上 3,379円 4,079円 3,379円 4,079円

(参考URL:https://www.ka-shimo.com/wimax?gclid=EAIaIQobChMIqby3vevG2wIVR46PCh2UXAEyEAAYASAAEgLiZfD_BwE

 

特に最安級プランで他と比較すると、Broad WiMAXで「月額料金2,726円(税抜)~」、BIGLOBEで「月額料金2,695円(税抜)~」、GMOとくとくBBで「月額料金2,590円(税抜)~」となっています。対してカシモWiMAXは月額料金1,380円~となっているので、確かにこの面では最安値ということができます。

しかし、キャッシュバック額を合わせて計算してみると、例えば2年間トータルで見たときに掛かる料金は次のようになります。

月額料金2年間合計 キャッシュバック金額  2年間の合計額
カシモWiMAX 79,120円 0円 79,120円
Broad WiMAX 83,220円 0円 83,220円
BIGLOBE 103,750円  30,000円 73,750円
GMOとくとくBB 104,613円 33,100円 71,513円

このように「月額料金の2年間合計-キャッシュバック額」で計算してみると、カシモWiMAXは「GMOとくとくBB」や「BIGLOBE」に6~7千円程度及ばないのです。このことからキャッシュバックを差し引いて考えると、「カシモWiMAX」は業界最安値ではないと言えます。

ただ、キャッシュバックには「手続きに煩わしさがある」のも事実です。プロバイダによっては一定期間経過後、所定の手順に従ってキャッシュバックの申込みをしなければならないルールになっているからです。その手続きなく、最安値のプロバイダとほとんど変わらない料金で使えるという意味では、カシモWiMAXは優れています。つまり、「キャッシュバック抜きで考えるならカシモWiMAXがおすすめ」と言えるのです。

安さと評判の口コミ

次に、カシモWiMAXの評判や口コミについてみてみたいと思いますが、現状では思っていた以上に評判は良いようです。

カシモWiMAXは前述のように2017年10月5日から開始しており、まだ1年経過していません。そのため、まだ口コミも多くはないのが現状ですが、全くないわけではないので、ここではTwitterに書き込まれた「カシモWiMAX」の口コミについて確認してみました。

調べてみると、多数の広告の中に混じって、まずはやはり「安い!!」という口コミが目立ちます。
・「カシモWiMAXにしてマジ良かった。とにかく安い」
(参考URL:https://twitter.com/greenlobon/status/1004630166201495552
・「Broad WiMAXの契約が6月で2年経つから、違う会社に乗り換えるのだけど、1番安値はカシモWiMAXかな?」
(参考URL:https://twitter.com/abcdabcd4572/status/1001457311620067331
・「ポケット wifi はカシモWiMAXで、2年間月3000円ちょいで使えるから、月5000円以下で、ネット使い放題を満喫している。」
(参考URL:https://twitter.com/himanarikei/status/985898149150519298

確かにキャッシュバックを含めて計算すると見劣りする面はありますが、その分手続きの煩わしさがなく、単純に月額料金が安いという面で、口コミでも好評価のようです。料金の面で、特に悪い口コミは見られませんでした。

その他、次のような口コミもありました。
・「カシモWiMAXめっちゃ有能やんけ。」
(参考URL:https://twitter.com/juefjuef/status/1004192427865853952
・「もっと早い段階で、カシモWiMAXにしとけば良かったと後悔」
(参考URL:https://twitter.com/greenlobon/status/1004169591071764480
・「カシモWiMAXは、Switchのスプラトゥーンも快適にやれるしDDONも問題ないよー!」
(参考URL:https://twitter.com/Queen__Lucia/status/975330814610124802

漠然とした口コミですが、実際に利用してみての感想でしょうから、通信速度などの面でとても満足のいく使い心地なのだろうと推測ができます。特に、ネットゲームをしていても問題なく使えているという口コミは心強いですね。

このように、カシモWiMAXについての評判や口コミは良いものばかりでした。このことからカシモWiMAXは、乗り換えを検討する際の候補の一つとして十分入れる価値のあるプロバイダであると言えそうです。

メリットとデメリット

では、「カシモWiMAX」のメリットとデメリットはなんでしょうか?これまでも出ている情報も含めて、あらためてみていきたいと思います。

まず、メリットは主に4つ挙げられます。

月額料金が激安!

安いと評判のGMOとくとくBBでも、初月と1か月目がそれぞれ2,590円の中、カシモWiMAXの「初月は0円で1か月目が1,380円」、というのはやはり激安です。他社プロバイダでも、月額料金が1千円台というところは見たことがありません。生活していれば出費の多い月もある中、月額料金が安いのは単純にうれしいですね。

また、カシモWiMAXは「最安級プラン」と「新端末プラン」に分かれていて、料金的には新端末プランのほうが高いのですが、「高い」といってもそれほど違いはありません。ほとんど「初月に1,380円が掛かるか掛からないか?」の差くらいになっています。つまり通信速度最大708Mbpsの高速通信対応となっている最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」も、格安の月額料金で利用することができるのです。

親会社の規模が大きく安心

「高く売れるドットコム」を始めとしたネット型リユース事業を展開する、東証マザーズ上場のマーケットエンタープライズが親会社なので、経営基盤がしっかりとしており安心感が持てます。万一プロバイダが潰れてしまうとWiMAXが使えなくなるため、安心感が持てるというのはいいことだと言えます。

端末代金が無料

カシモWiMAXは「おおよそ20,000円くらいする端末代が無料」になっています。そして、無料対象の端末には最新機種のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXTW05」や、ホームルーター「Speed Wi-Fi HOMEL01S」も含まれています。正直ほとんどのプロバイダが「端末代無料」としていますが、UQ WiMAXは一部負担しなければならないなど、必ずしも無料とは限らないので、やはり掛からないというのはありがたいことです。

オプションがシンプルで分かりやすい

カシモWiMAXのオプションは「端末修理の安心サポート」のみになっており、とてもシンプルで分かりやすくなっています。また、月額料金割引のキャンペーンの適用にこのオプションへの加入は必須ではないので、オプション加入が必須な他のプロバイダと比べて良心的と言えます。なお、このオプションは「万一故障しても無償で修理してくれる」というもので、月額300円とこちらも他と比べてやすい料金設定になっているのが何気にうれしいですね。

次に、デメリットは主に2つ挙げられます。

対象機種によっては「新古品」が送られてくる

他のプロバイダでは必ず新品のWiFiルーターが送られてくるのに比べて、カシモWiMAXではプラン・機種によって新古品端末が送られてきます。具体的には最安級プランの対象機種である「Speed Wi-Fi NXTW04」と「Triprouter」は新古品です。

ただしカシモWiMAXの公式ホームページにも記載されていますが、これらの端末はショップ展示品やユーザー利用の中古端末ではなく、「完全未使用品」とのことです。つまり、他社で余った機器を買い取った可能性が高いと言え、知らない誰かが使ったものを使わせられるということではないので、挙げはしましたが大きなデメリットという訳ではないです。
(参考URL:https://www.ka-shimo.com/wimax?gclid=EAIaIQobChMI15OKsILL2wIVzA0rCh3-7A3jEAAYASAAEgL5NfD_BwE

auスマートバリューmineが適用できない

これはちょっと痛い話です。auスマートフォンユーザーは、他社プロバイダでWiMAXを契約すると「auスマートバリューmine」を適用することができますが、カシモWiMAXはできません。このサービスはauスマホの月額料金が最大1,000円割引されるサービスになっているので、auスマホユーザーは大きな損になってしまいます。auスマホユーザーがもし、auスマートバリューmineを適用したいと考える場合には、カシモWiMAXよりも別のプロバイダ、例えばGMOとくとくBBなどを選ぶべきだと言えます。

このように、メリットで一番大きなものはやはり「月額料金が安い」ことで、デメリットで一番大きなものは「auスマートバリューmineが適用できない」ことです。「キャッシュバックの手続きが面倒だから月額料金が安いプロバイダがいい」という人はカシモWiMAXが最適ですが、auスマホユーザーはauスマートバリューが適用できないと2年間で最大24,000円も損をしてしまいますので、auスマホユーザーは別のプロバイダを選んだほうがよいでしょう。

申し込み時の注意点

最後に申込時の注意点を確認します。知らないで後から「失敗した!!」ということにならないよう、覚えておいたほうがよいものを4つ挙げてみました。

事前にエリア確認を行おう

これは光回線の申し込みの際などにも当てはまりますが、申し込みの前にまず「エリア確認」を行いましょう。なぜならWiMAXは人口カバー率99%ですが、山間部や過疎地だと繋がらない可能性がまだあるからです。また、場所によっては使えるが通信速度が遅い、というところもあります。利用を開始してから気づくのを避けるためにも、まずはカシモWiMAXの公式ホームページから、自分で確認してみましょう。
カシモWiMAX エリア確認:https://www.ka-shimo.com/wimax?gclid=EAIaIQobChMIweDlwv7G2wIVlxaPCh2p0gYMEAAYASAAEgJd6PD_BwE

契約解除には費用が掛かることを知っておこう

他のプロバイダでもありますが、カシモWiMAXも契約期間に定めがあり、経過せずに解約すると端末発送月から数えた月数によって、以下の「契約解除料」が発生します。

契約解除料
1~12か月目 19,000円
13~24か月目 14,000円
25か月目 0円
それ以外 9,500円

契約期間の定めがあることによって月額料金を安くしてくれているという面がありますが、解約の申し込みをして初めて契約解除料が掛かることを知ったということがないよう、このことはあらかじめ覚えておきましょう。

端末は最短で翌日届くことを覚えておこう

カシモWiMAXは、「端末が最短で翌日届く」ことも頭に入れておきましょう。例えば午前10時くらいに申し込めばその日の午後には発送完了メールが届き、エリアによっては翌日午前中に手元に届きます。急いで使いたい場合にも便利ですし、もっと後で届くと思っていたのに思いがけず早かったなんてことがなくなりますので、覚えておきましょう。

初期契約解除制度を知っておこう

実際に物を使ってみて、例えば通信速度が遅いなどといった場合には、「初期契約解除制度」を利用して契約解除料の発生なしに契約を解除することができます。この制度は電気通信事業法第26条の3に基づき、「契約書面の受領日から8日間以内であれば、利用者の都合のみによって契約を解除できる」というもので、この解除方法であれば契約解除料の支払いも生じません。ですので、このことは契約する前に必ず覚えておきましょう。なお、この解除方法をとっても事務手数料3,000円については戻ってきませんので、その点も覚えておきましょう。

まとめ

以上、カシモWiMAXについて評判や口コミから検証してみるとともに、メリット・デメリットについても解説してみました。

結論としてはやはり、「キャッシュバックの手続きが面倒で行いたくない人」は月額料金が安いため、基本的にカシモWiMAXがとてもおすすめです。しかしカシモWiMAXは、auスマートバリューmineが適用できず月々最大1,000円損をしてしまいますので、auスマホユーザーだけはGMOとくとくBBなど、他のプロバイダを選択するのが賢明だと思います。自分の状況に合わせて検討しましょう。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX