閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXギガ放題の使い勝手を検証!3日で10G制限はどう?

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

WiMAXギガ放題で3日で10G?? 家族も同様に???
昨年の2月初旬からWiMAXで新しいサービスがはじめられましたね。それは、10GBが3日できるというものです。そしてその翌日の夜だけは1 Mbpsになるのですが、すごい速度ですよね。でも実際の使い勝手としては、どうなのでしょうか。ギガ放題で3日で10G制限や動画を見る時に高画質で13時間も見られるという点やメインのwifi にWiMAXギガ放題を使用すると家族でも同様に使用できるのかということも気にかかります。そのような点についてご紹介しますね。

3日で10GB制限は、以前の3日3GBと比較すると!

以前の3日で3GB制限と3日で10GBを比較してみましょう。
制限がかかる容量が、3日で3GBを超えるというものから3日で10GBを超えるに変更となりました。以前は制限がかかる時間として3日で3GBを超えたという日の次の日の13時からその翌日の13時までの12時間でした。それが3日で10GBになると超えた次の日の18時からその次の日の2時までとなったのです。また制限時の速度も約6MBpsから約1Mbpsと変更になりました。
この速度の制限の変更というのは、ほとんどの利用者にとってはかなりの大幅な改善といっていいでしょう。
実際使用状況からみても動画をよく見るという方でも使う容量は、月で平均して40GBほどではないでしょうか。これが月で考えると100GBほどになりますのでほぼ動画も見放題となるのです。

ギガ放題の3日で10G制限、動画は高画質で13時間見れる!

動画は高画質で13時間見れる?? 10Gのレベルは??
速度制限が以前の3日で3GBから10GBに変わったということは、かなりの改善ですよね。

「3日で10GB制限」とは

ギガ放題プランというWiMAX2+の無制限プランというものでは、速度制限が、かなりはやくなり好評です。
変更となったのは、利用データ量として3日で3GBだったものから10GBにかなり改善されたことと時間帯としての制限が13時から次の日の13時だったものが、18時から26時となった点です。使用する時間帯としてもうれしいですね。また以前は、制限後の速度がどうなるかはっきりしなかったものが、1mbpsになるとわかるようになった点も安心できます。
では、1mbpsになるとどの程度の使用が可能なのでしょうか。1mbpsでもニコニコ動画の配信やYou Tubeの標準画質の動画などは見ることができるレベルです。
このレベルであれば、ネットサーフィンなども可能ですし速度制限を実際のところはあまり感じないでしょうね。また1mbpsになるのは、10GBを超過した翌日の18時から26時の夜間ですので、大幅な改善といえます。

10GBでどの程度のことができる?

10GBでどれくらいのことができるのでしょうか。3日間で10GBを使用する場合には、かなりのことができますよ。例えば1080p の高画質でのYouTubeの動画を4つ同時に見るために再生したとして連続して10時間ほど見続けることができます。またスマートフォンやパソコンの場合では次のようなことも可能です。
スマートフォンでは、300字程度のテキストメ-ルであれば約666,666通を送ることができます。あまり実感がわきにくいですが、グ-グルマップであれば例えば東京の表示から6回ズ-ムインする操作を1,000回することができます。
パソコンの場合には、スマホよりもwebぺ-ジやテキストメ-ルの送る画面が大きくなりデ-タ量が異なるので、300字程度のテキストメ-ルであれば約半分の333,333通となります。しかしYouTubeの動画やグ-グルマップに関しては同様です。
これだけ使用できれば、通常利用での速度制限での問題はありませんね。

10GBを利用する場合での注意点では

速度制限の面で、通常利用する心配というのはほとんどないですね。しかし
次のような利用の方法の場合には、注意が必要となります。
10GBを一瞬で超えてしまうのは、ファイルの10GBを超えるものをダウンロード
してしまう場合です。また動画つきのテレビ会議は、約90分でアウトとなります。さらに株トレードやオンラインゲームなどの場合にも通信量が大きいので注意してください。

速度制限が解除されない場合の対処法としては

新しい速度制限は、夜だけのはずだと思っていたのに翌朝になっても回復しないなと感じた方もいるのではないでしょうか。10GBを超過した翌日の18時から26時の夜間には、1mbpsになりその後は回復するのですがそれが解消されない場合には次のように点を確認してください。
解除になっていないかどうかの可能性の高いものとしてあげてみます。まず室外で使用してみましょう。すると電波の弱さがはっきりします。また接続している端末数を確認し余計なものを接続していないかを確認します。そして再起動してみましょう。一時セッションを切断することで制限しているものをリセットできます。
さらにLTE利用の通信モードになっていないかとか契約内容をもう一度見直し通常プランの7GBになっていないかなども確認してください。不正利用をプロバイダに疑われていないかなどの問い合わせも必要となります。
電波の弱さでは
どうしても室内の場合には、その環境によって速度がかなり落ちるということがありますので、室外で電波の状態をもう一度確認してみてください。
余計な接続をしていないか
接続している端末数を確認することで、混線していて遅くなっているということがわかります。確認の方法としては、WiMAXのディスプレイ上にやや小さくわかりにくいかも知れませんが、現在接続している機器の数という表示があります。例えば家族や友達などがあなたのWiMAXを個人ではあまり意識せずに勝手に使用しているということがあるからです。
再起動してみる
新しいタイプの通信制限では、通信を一旦切断してリセットしないと制限が解除されないというタイプがあります。この内容については、公式のページにややわかりにくいのですが、小さく記述されています。
例えば夜間の2時前から継続使用している通信の場合には、2時以降でもそのままの状態では朝の6時頃まで速度の制限が続く場合が出てきます。このような時には、通信を一旦切ることで速度制限は解除されます。
LTE利用になっていないか
この確認は、W01からW05を使用している方に限られるのですが、通信モードがLTE利用というものになっていないかを確認してください。
ハイスピードプラスエリアモードというLTE回線を使用したものの場合には、合計通信量がその月で7GBになった時から128kbpsという速度の制限がかかります。テキストメールやLine以外は、128kbpsになると何もできないという状況の通信速度となるのです。
確認の仕方としては、通信モードの設定を本体のタッチパネルトップから調べることができます。もしチェックを確認した場合には、ハイスピードモードというものに戻してください。次の月までは、どうしても128kbpsの制限を受けることになりますが、その次の月になると3日で10GBのシステムに戻ります。
7GB通常プランでないかの確認
契約をプロバイダとする時に7GBでの申し込みになっていないかを確認して、そうなっているのでしたらギガ放題プランに変更してください。
不正利用を疑われていないかの確認
これもプロバイダに問い合わせる必要がありますが、日常的に異常な量のデータを利用している場合には、通信制限を不正利用などをプロバイダから疑われてかけられるということがあります。プロバイダに利用状況の確認をしてください。

WiMAXギガ放題をメインのwifiに使うとしたら、家族でここまで使える

家族と一緒に使える??? おすすめの使い方は??

他のポケットWiFiと比較してみると

他のポケットWiFiでは、通信制限がすぐにかかってしまうのですがWiMAXのWiFiの場合には、制限がかなりゆるく容量としても一番大きいのです。最近は、何を配信するにしても大容量の通信を必要としているので適切なWiFiですね。
では、比較した内容についてご紹介します。
WiMAXの3日で10GB制限の場合と他のポケットWiFiとを比較してみると
制限時の速度は、1Mbpsになるもので月額料金がWiMAXは約3,500円ですが、
他のポケットWiFiでは約4,000円ほどかかります。
またさらに他のポケットWiFiの場合には、制限時に速度が128KBpsとなりますのでWebサイトを見るのも厳しいという速度となってしまいます。しかしWiMAXであれば10GBを使用した後でも上述しましたがWebサイトを見るのに可能な1Mbpsですから安心です。
このような点からもポケットWiFiの部門において総合の満足度でNo1を2015年度と2016年度に受賞しているのです。No1のポケットWiFiと言えますね。

ルーター1つを家族で一緒に

家族でWiMAXを使用する場合には、二つのパターンがあります。一つは、ルーターは一つで一緒に家族でつなぐ方法と家族分ルーターを準備して個々につなぐという方法です。
一つのルーターの場合には、契約も簡単でしかも安く済みます。
一つの場合でもどの端末でも最低でも10人以上は同時に接続することが可能です。もちろん家族で一緒に使用できます。しかしルーターが一つという場合には、家族が同時に一斉に通信をすると速度が少し落ちるということがあります。
ネット通信でネットサーフィンをする場合などの時にはほとんど問題はありませんが、高画質の動画などを同時に4人で見るのは難しいですね。またルーターが一つの場合には、戸外に個人がそれぞれ持って行くということはできません。
もう一つの方法の家族分ルーターを準備するというのは、複数ルーターがありますから、家族のそれぞれが好きに戸外に持ち出し通信ができます。また同時にみんなが使用しても速度が落ちるということはありません。しかし家族分の費用が必要となります。家族の人数によっては、相当な金額になりますね。
また現在WiMAXでは、2台目以降の契約などで家族であっても優遇するプランはありませんし他のプロバイダでも家族向けという設定のプランはない状況です。

ルーター1つで家族がシェアをするのがおすすめ

おすすめなのは、ルーターひとつで家族がシェアをする方法です。
WiMAXでは、家族みんなで一緒につなげることが可能ですしみんなで使用しても費用は一台分で済みます。コストパフォーマンスが良いというのは、家族が多いと有難いですね。みんなで使用でき光回線などよりも使用しやすいものです。

ルーターの選び方では

ルーターは、モバイル型にすると家でも通信は普通に行えます。また同時に接続することも可能ですし持ち運びも自由にでき万能型です。Speed Wi-Fi NEXT W05などのルーターがおすすめです。

プランはギガ放題で

プランとしては、通常プランよりもだんぜんギガ放題が利用しやすいです。通常プランの場合には、月に7GBまでの高速通信ができますがその後は速度制限がどうしてもかかってしまいます。ギガ放題であれば、ご紹介しましたが3日で10GB使用することができその後に速度制限があってもあまり問題がないですからね。
特に家族で使用する場合には、ギガ放題を選択することをおすすめします。
メール送受信であれば3GBの場合は約6,270通ですが、10GBであれば約62,700通も送れます。またニュースサイトの閲覧や音楽のダウンロードも10倍の量となります。ネット動画の視聴では、3GBでは約14時間で10GBで約47時間です。またネット動画の視聴で高画質の場合には、3GBでは約4時間 ですが、10GBでは約13時間となります。かなりの違いですね。
例えばYoutubeの標準の画質であれば47時間見られますし、毎日のように 15時間ほどYoutubeを見るとしても速度が制限されないのですから家族が多い場合はぴったりですね。
様々な情報は、UQコミュニケ-ションズらのお知らせなども参考にしてください。

まとめ

3日で10GB制限というWiMAXのギガ放題の内容は、かなり優れた改善ですよね。一般的に速度制限がかかるのはスマホの速度制限で月に7GB以上使用すると速度が128Kbpsや200Kbpsなどに制限されてしまいます。
もし128Kbpsになるとスマホで例えばYahoo!のホ-ムぺ-ジをしっかりと開くまでに10秒から20秒ほどもかかってしまいます。かなりストレスになりますね。また一番低画質のYouTubeを再生しようとしても読み込みばかりの操作状況が続きスムーズな再生はできません。
しかしWiMAXの3日10GB制限では、10GBも使用しないと速度制限はありませんし、10GB使用しても速度的には1Mbpsが保たれます。また制限される時間帯も18時から午前2時までですので安心です。
このようなサ-ビスが、料金的には以前の状態に近いままで受けられるというのは、WiMAXはモバイルWi-Fiの中でも最善のルーターと言えます。ぜひWiMAXのWiMAXギガ放題3日10GB制限を試してみてください。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX