閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Aterm MR05LNでSIM切り替え運用!WiMAXと比較して総額いくら違う?

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX

Pocket
LINEで送る

最近よく聞く、格安スマホとか、SIMカードという言葉ご存知ですか?もちろん知っているという人もいるでしょうし、それで何が出来るのかわからないという人もいるでしょう。

それについて調べてみました。また、Wi-Fiルーターとして人気のMR05LNやWiMAXについても調べてみましたので参考にしてください。

そもそもAterm MR05LNとはどんなもの?

Aterm MR05LNというものを皆さんどのくらいご存知ですか?もしかしたらあまり知らないという人もいるかもしれません。どのようなものなのか?どのようなことが出来るのかなどを調べてみました。

Aterm MR05LNとは、NEC製SIMフリールーターのことです。あまり馴染みのないものかもしれませんが、LTEモバイルルーターとして人気です。これは、端末にSIMカードを入れて使うというものですまた、この端末はデュエルSIMが今までよりも進化したものになっています。デュエルSIM対応のため、色々なシーンにおいて使い分けることが出来るというのが大きな特徴です。

それぞれのSIM切り替えも簡単な操作で切り替えが出来るので、とても便利です。

例えば
通信量に合わせてSIMカードを使い分けるということも出来ますし、クレードルの使用の皆無などによっても切り替えることが出来ます。クレードルを利用することでWi-Fiルーターとして室内で利用することも出来ます。

APN設定が簡単というのも大きな特徴です。通信側の事業者をリストから選択するだけで設定することが出来るので、簡単です。接続先の登録を行うことも簡単に出来ます。電源の設定画面から簡単な設定で連続待ち受け時間が1250時間になります。(公式サイト参照)

モバイルルーター、SIMフリールーターを探しているという人にとってはとてもおすすめの商品です。

回線契約とセットで契約するという事も出来ますし、ルーターだけで購入するということも出来ます。現在の価格だと、ルーターとして購入する場合には約18,000円です。オークションサイトなどでも出品者がいるので、そちらで探すということも出来ます。

モバイルWi-Fiを利用したいと考えている人は他の商品としっかりと比較してから購入するというのがよいでしょう。最新ルーターと比較するのもよいでしょう。

格安SIMカードとはどんなもの?どんな種類があるの?

皆さんは、月々のスマホの料金などに満足していますか?もちろん今のスマホに満足しているという人も多いかもしれませんが、やはり不満を抱えている人も多い事でしょう。

とくに、月々の料金が高いと感じている人も多いのではないでしょうか?そんな人が注目しているのが、この格安SIMカードというものです。SIMカードとはどのようなものなのかが気になるでしょう。簡単に言えば、このカードをスマホに挿すことで、電話やインターネットを楽しむことが出来るというものです。

格安と聞くと、どうせ通信品質が悪くて、通信エリアも凄く狭いのだろうと考えるでしょうが、そうではありません。通信品質も安定していますし、エリアについても日本全国広範囲で使うことが出来ます。もちろん提供している会社などにもよりますが。

しかし、注意しなければならないのは、通信速度です。

通信速度はエリアなどによっても異なりますが、大手の携帯電話会社などと比較すると通信速度が遅いという場合があります。

SIMカードと言ってもいくつかの種類があるのを知っていますか?

  • データ通信専用SIMカードと呼ばれるものです。
  • 音声通話機能付きSIMカードと呼ばれるものです。

それぞれの特徴と、どのような人に向いているのかという点を解説します。

まず、データ通信専用SIMカードと呼ばれるものについてですが、これはインターネットのみを楽しむことが出来るというSIMカードのことをいいます。逆に言えば、一般のスマホで出来る通話機能がないということになります。通話はしないので、インターネットのみを楽しみたいと考えている人にはおすすめです。

通話がないと困るという人は、データ通信専用SIMカードでは通話を行うことが出来ないという点に注意をする必要があります。どのようなサービスを受けたいかをしっかりと考えてみましょう。

もう1つのSIMカードである音声通話機能付きSIMカードは、インターネットと通話を行うことが出来るというものです。インターネットと通話の両方を利用したいと考えている人にとってはとても便利です。どちらのカードを選ぶのかという事は自分自身の普段の使い方に合わせて選ぶというのがよいでしょう。

この音声通話機能付きSIMカードを利用することで現在利用している大手キャリアのドコモやソフトバンクなどといったところよりも月額料金がずっと安くなるという可能性が高いです。格安SIMを取扱う業者はたくさんありますが、OCNモバイルONEなどはよく知られています。

フリーSIM、初期費用はいくらくらいかかる?何年使える?

一般的にフリーSIMの初期費用にいくらくらいかかるのか不安を感じるという人も多いでしょう。フリーSIMはどのくらい初期費用がかかるものなのでしょうか?それぞれの格安SIMを扱う業者によってことなりますが、新規登録するのに約3,000円程度かかるというのが一般的です。キャンペーンなどで端末が無料などと言う場合もあります。

また、どのくらいの期間利用することが出来るのか?と疑問に感じる人もいるでしょう。通常の大手キャリアなどだと2年ごとに契約を更新するので、2年単位で換えるという人が多いでしょう。契約期間の途中で解約すると契約解除料として1万円近く取られてしまうということもありますよね?

最近ではスマホが主流になっていますので、バッテリーなどの消耗により長く使うとダメになってしまうという場合やスマホのOSが古くなりすぎて思ったように動かないという場合には交換するのがよいでしょう。

一般的にはやはりどのくらい使えるかということで言えば2年から3年程度というケースが多いのではないでしょうか?もちろんもっと長く利用している人もたくさんいます。

SIMカードの設定はどうするの?SIMカードのデメリットとは?

SIMフリーなどという事は多くの人が耳にしたことがあるでしょうし、SIMカードと聞くと料金が安いというイメージも定着しつつありますが、SIMカードのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?大手キャリアよりも通信料などが安くなる場合が多いし、メリットの方が多いのではと思っている人はデメリットについても知っておきましょう。

初期設定が面倒くさい

購入した後に直面するのが、この初期設定についてです。毎日PC利用していてとくに接続などに困らないという人もいるでしょうが、自分で設定を行うというのは思ったよりも厄介だという場合が多いです。

問い合わせ先が制限される

大手キャリアなどの場合にはメールや電話での問い合わせはもちろん、近くのキャリアショップに自分で出向くことで困ったときに助けてもらうという事が出来ますので、便利ですが、格安SIMを扱っている業者の場合には実際に店舗を持っているというところは少ないので、困るという人もいます。もちろん、メールや電話、さらに最近だと動画などや操作方法に関するものはインターネット上で検索すると見つかるという場合も多いです。

必要なアフターサービスや手続きなどが簡単に出来ないという点は大きなデメリットであるという事が言えそうです。しっかりとしたアフターサービスが必要だという場合には、大手キャリアを利用するというのがよいでしょう。対応の違いというのはやはり大手キャリアとの差があると言えます。

支払い方法

SIMフリーなどという言葉を見かけると、料金が安くなるかもしれないと乗り換えを検討する人も多いと思いますが、支払い方法がクレジットカードのみという場合が多いです。もちろんすべての業者がそうであるというわけではありませんが、クレジットカードを持っていないという場合には支払い方法が他になく購入することが出来ないという可能性があります。

通信速度について

通信速度についても注意が必要です。もちろん、エリアや環境によって通信速度は大きく異なるという場合がほとんどですが、それでもやはり大手キャリアなどと比べると格安SIMは通信速度が遅くなりがちになってしまいます。

速度やエリアの広さはWiMAX2+と比べてどう違う?

ではAterm MR05LNの実際の通信速度はどのくらいなのでしょうか?また、エリアはどのくらいの広さなのでしょうか?

公式サイトで確認してみると、Aterm MR05LN本体は連続通信時間が最大で約14時間使えるようになっています。また、下り最大通信速度は375Mbpsです。

一方のWiMAX2+の場合には下り最大440Mbpsとなっています。また、WiMAXにはLTEオプションがありauの回線も使うことが出来るという特徴があります。Aterm MR05LNは通信量に合わせて格安SIMを2枚挿して使えるので、とても便利です。時間帯や通信量、クレードルを利用しているかどうかで切り替えることが出来るので、便利です。通信速度については、通信環境によって違いますし、利用するSIMによっても違います。ですから、単純にWiMAX2+とどちらが良いのかという認定は出来ませんが、安定した高パフォーマンスを期待することが出来るでしょう。

まとめ

Aterm MR05LNは2枚の格安SIMを切り替えて使うことが出来るのでとても魅力的です。モバイルルーターの中でもトップクラスの実力があると言えるでしょう。両者がどのくらいの金額違うかというのは利用の仕方にもよって違います。料金プランや使うSIMの種類によっても全く異なります。

まずは自分自身がどのような使い方をしたいのかということをしっかりと考えてから、料金プラン、そしてSIMを選ぶようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

難しい説明は要りません。WiMAXを選ぶポイントは3つだけ

WiMAXコスパ研究所ならお得!ネットのプロが薦めるベストWiMAX